FC2ブログ

テヘラン バス基礎知識② brtの乗り方

あらあら,早い事に8月ももう終わってしまいますね。テヘランもちょっと涼しくなってきたかな??とも思いましたが,非冷房バスの中はまだまだ蒸し風呂状態です・・・
brt種類


さて,本日はテヘランのバス基礎知識第2弾です。ちなみに,前回は,バスの種類について書かせていただきました。


この前もお伝えした通り,テヘランの交通事情にぴったりなbrtですが,いざ乗ろうと思ってもどうやって乗るのか分からず,結局断念・・・ということになるのは残念です。そのため,今回はbrtの乗り方について簡単にサラッと書かせていただきます。brtって何??と疑問に思われる方は,上の"バスの種類"をクリックしてください。


まず,brtに乗るために用意しておきたいものは,このカードです。
brt0.jpg
brtは現金払いができないので,このカードは必須ですね。大抵大きなバスターミナルにある,”ezpay"と書かれたブース(小さい小屋みたいなもの)または地下鉄駅で買うことができます。
これはicカードで,何度もチャージして繰り返し使えます。日本ではsuica,icocaとかいうものがあるのでしょうか?いずれにしろ,私は日本でそんなハイテクなカードなんて使っていなかったので,テヘランでicカードデビューですね<笑>

カードを用意したら,いよいよbrtのバス停に行きましょう。
ちなみにカードは,brtバス停でも購入できることがあります。

モディリ

brtには道路の中央部を走り,バス停が島式になっているタイプ(1番,4番etc...)と,


brt3.jpg
一般的なバスのように,道路の左右にバス停が上下線に分かれて2つ設置されているタイプ(2番,7番etc...)の2種類があるんですが,どちらも乗り方は同じです。ご心配なさらず・・・

次に,バス停の入り口には,カードをタッチする機械が設置されているので,そこに先ほどのカードをタッチし,お金を引き落とします。
brt4.jpg
この時緑色のライトが点いたら・・・OKです。仮に赤が点いたとしたら・・・チャージ切れかもしれません。もう一度タッチしてみるのも良いかもしれませんね。機械の脇には必ず,やる気のなさそうな監視係がいて,タダ乗りはできないようになっています。

それが終われば,バスに乗り込みましょう,という前に一つ注意です。イスラム教の国イランでは,バスの車内も男女に分かれています。BRTでは,女性が前,男性が後ろに乗るように決められています。
brt5.jpg
しっかりと,バス停に表示されています。しかし,面白いですねえ。まあこうすれば痴漢もなくなるので良いことなのかもしれませんが・・・ もちろん,車内の男女の境目のところで会話するくらいはできます。ご安心を。

brt6.jpg
さてさて,バスがやってきました。基本BRTは一つのバス停には一路線しか乗り入れてこないので,乗り間違えちゃった!!なんてことは無いはずです。しかし,区間運転は多いです。(特に7番)でもそんな時は,バスが止まってしまったバス停で降りて次のを待って乗れば良いだけです。

brt7.jpg
バス車内は冷房が効いているので,夏でも快適です。この写真は一番後ろ(男性スペース)から撮ったものです。
ところで,イランでは席の譲り合いが盛んです。イランに限った話ではありませんが,万が一,混雑している時に,お年寄りの方が乗ってきたら,スムーズに席を代わりましょう。


もちろん車内のアナウンスなんてものはありません。自分で地図をみるなりして降りる場所を確認します。
降りる時は下のボタンを押しましょう!!
brt8.jpg
といきたいところですが,実はこのボタン,全く機能していないんです。押してもウンともスンとも言わず・・・
では,どうしたら良いのでしょう。それは簡単。BRTは基本全駅に丁寧に停車していくので,停車ボタンなんてものは必要無いのです。しかしごく稀に,運転手の気分次第で通過することも無きにしも非ずですので,一応降りる停留所に点いた時には,すでにドアの前まで移動できてると良いです。運転手もカメラを通して車内が確認できるので,”降りる!!”というアピールになります。


バス停に着いてからは,もうカードをタッチする必要はありません。BRTはぜんせん一律料金なのです。

いかがでしょう?BRT,めちゃくちゃ簡単じゃ無いですか!!初めての方は,まずBRTからトライされてはいかがですか??



スポンサーサイト



372番沿線案内

372番メイダーネ・バリアスル〜メトロ・サデギエ
372

3721.jpg
メイダーネ・バリアスルは,テヘランの繁華街。といっても少し上品なイメージです。ファッション街で,服屋がたくさん目立ちます。まあ,私は服やファッションなどには一切興味がないのですが・・・

3722.jpg
ビルに貼られている大きな絵は撮影時は鳥の描かれた柄になっていますが,定期的に取り替えられているようで,おもしろいです。ちなみに2ヶ月ほど前までは,ハメネイ氏とホメイニ氏が描かれていました。

3723.jpg
372番はこの,バリアスル広場から,ケシャバルズ通りを400mくらい西にいったところが出発地点です。
出発したバスは,南側のイタリア通りを通りケシャバルズ通りに戻ってきます。

3558.jpg
ラレ公園の前を通ります。この公園には緑が多く何故だかうっとりしてしまいます。ちょっとおやすみ中のオッさん方が多いのが気になりますけどね<笑>

35510.jpg
裏にはテヘラン現代美術館があり,その地下にはピカソやゴッホの絵などのお宝がごろごろ眠っています。一般にはあまり公開されていないようですが,いつか公の場に展示される日が来れば良いですね。

バスはファテミ通りからチャムランハイウェイを南下します。このとき,ファテミ通りからは直接左折できないので,北から大きく迂回し,時間が余計にかかってしまいます・・・・

3724.jpg
brt4は乗り換えです。ここに謎のオブジェがあります。はじめは何のオブジェか分からず,モヤモヤしていたのですが,どうやらイランイラク戦争の空襲から身を守っているところ,なんだそうです。

3725.jpg
この辺りは軍人さんが多いです。

3727.jpg
さてさて,バスはサッタルカン通りを走ります。しばらく進むとシャンデリア街です。ギラギラ豪華なシャンデリアを扱う店がずらりと並びます。

3729.jpg
高速道路の高架下には店がたくさん入っています。
こういうところに来ると何故か大阪の”船場”を思い浮かべるのは私だけでしょうか??

37210.jpg
ここもまたまた服屋中心ですが,よくよく見るとお土産物屋や雑貨屋なども入っていて,なかなか面白いショッピング街です。それにしてもここ,奥に長いです。その辺は京都の錦市場みたいですねえ<笑>

thaifood.jpg
(2016.12追加)
船馬から,サッタルカン通りを挟んで北側に,もしかしたらテヘラン唯一かもしれないタイ料理店があります。タイ人の奥さんとイラン人の旦那さんが夫婦で切り盛りされています。


37211.jpg
そして,隣にあるのはこの,巨大なマネキン達。どうやらここは超ビッグサイズの服屋らしいです。しかしいきなりこんなに大きいマネキンが歩道に出てきたらビックリしてしまいます。

37212.jpg
バスはサズマンアブ通りを西へ。もうここまで来るとラストスパートです。

37213.jpg
ラヒミ通りとの交差点を南に下がると,イスファハンの料理である,ベリユニを提供している食堂があります。ちなみにイスファハンとはイランの古都で,日本で言えば京都みたいなもんです。ということはベリユニは”にしんそば”のような感じでしょうか(だいぶ違う)<笑>

37214.jpg
サデギエを通ります。ここも一日中車,バス,バイク,人だらけの忙しい所です。そんなサデギエを過ぎ,西へ入った所がメトロ・サデギエ終点です。

37215.jpg
ここのバスターミナルはやたらデカく,私も目的のバスを見つけるのに何十分かかったことか・・・(今はもう慣れました)
見つかりそうに無ければ,迷わずにバスの運転手さんに聞きましょう。おそらく丁寧に教えてくれるはず・・・です。

37216.jpg
ここの特徴として,各路線ごとに出発時刻の案内があります。これならいつ出発するか分からないバスをイライラしながら待つ必要も無くなるので,良いアイデアですね。どんどん普及してほしいものです。

37217.jpg
さらに,このサデギエ駅はキャラジ行きメトロ5号線の始発駅です。ちょっとキャラジまで往復するだけでも,テヘランでは珍しい,列車での旅行気分が味わえるのでオススメです。片道45分くらいです。

372時刻
最後にメトロ・サデギエにあった372番の時刻表を載せておきます。果たして信頼できる情報か否かはわかりませんが・・・


テヘラン移動の必需品

サラーム khoobin?
khoobin.jpg

いきなりですが,本日はとてつもなくつまらない話になりそうです。あらかじめご了承下さい・・・
さてさて,いざテヘランの街へでかけよう。と思っても何を持って行けば??と思う方もいるかもしれません。そんな方のために,本日は私の持ち物をご紹介します。まあ参考になればいいかな?という程度ですが。
 
まずは鞄からです。まあ鞄といっても,そうそう良いものではありません。こんなものです。
kaban.jpg
見てわかる通り,安物です,というよりもタダです。実は先日バンコクにいった時に宿伯していたホテルの部屋に置いてあったものです。無料で持って帰って良いとのことだったので,持ってきてしまいました。
その前までは,ビニール袋だったのですが,それはさすがにやめました・・・

 次は携帯電話です。私自身,携帯電話を持つことが嫌いで,日本に住んでいた時は残り少ない公衆電話ユーザーだったのですが,やはり外国にいる限り,安全のためにも今は携帯電話を使っています。
mobile.jpg
まあ,もちろんスマホ・・・とかいうような高価な代物ではありませんけども,これがなかなか使い勝手が良く,重宝しています。その上何度落としても壊れないという丈夫さです。

 テヘランはなにせ大都市です。そのため全体の地図を把握するのはなかなか困難。そのために私はいつも地図を持ち歩いています。
tizu.jpg
これは本屋にも売っているごく普通のタイプです。もうボロボロでそこらじゅう穴だらけになってしまいました・・・それでも,無いよりかはマシですね。
chizu.jpg
この地図にも収まりきらないような,テヘランの端っこの地域については,自分で地図を作りました。というのもただ某サイトの地図をプリントアウトしただけなのですが,それも一緒に持ち歩いています。現在テヘラン南部,東部,西部地図があります<笑>
 
 カメラも基本持ち歩いています。もちろんこのブログに載せるためというのもありますが,いろいろな所の写真を撮って記録することで,日本に帰ってからもテヘランをより鮮明に思い出せるかなあというのが最大の目的です。
カメラ
このカメラは4年ほど前に,京都駅前の某大型家電店で購入しました。10000円もしなかったのですが,なかなか長持ちしています。

 最後は財布です。もちろんお金も持ち歩いています。しかしながら中身は最低限。乗合タクシーに数回乗れる程度の金額です。ちなみにもちろん中にはバスや地下鉄に乗れるicカードも入っています。
saifu.jpg
 財布本体は,これまたバンコクで購入しました。カオサン通りだったような気がします。
inside.jpg
 
 以上が私が基本持ち歩いているものです。バス,地下鉄,乗合タクシー・・・と安めの交通機関ばかり乗るので,全く金目のものは入っていません。その方が安全だと思っているからです。しかし,あんまり見すぼらしい格好も逆に目立つかもしれないのでなかなか難しいところですね<笑>
 実際,これプラスパスポートのコピーがあれば,もっと安全に移動することができると思います。こんな国に限って,いきなり警察にパスポートを見せろ!!と言われることも無きにしもあらずですからねえ。

 来週は諸事情によりブログ更新はお休みさせていただきます。

422番沿線案内

422番 セドカンダン→モタハリ→セドカンダン
422
セドカンダンを起点にしてぐるっと一周回る循環路線です。経路のほとんどが一方通行の逆走区間という,ちょっと
風変わりな路線でもあります。
4221.jpg
さて起点となるのはテヘラン中北部??のセドカンダンです。テヘラン各地から乗合タクシーが集まる交通の要衝ですね。まあ夏にわざわざ暑い乗合タクシーに乗るのはあまりお勧めしませんが・・・
3041.jpg
そんなセドカンダンには端っこの方に小さなバスターミナルがあります。422番はそこから出発します。
ちょうど右側に止まっている車両ですね。この路線は全車両黄緑色の冷房車で揃えられているので見分けはつきます。
さて,乗り込んでみましょう・・・という前にこのバスはbrtと同じく女性が前に,男性は後ろに座ります。
4222.jpg
車内にその表示がされています。
3042.jpg
出発したバスはすぐにアンディッシュショッピングセンターの前を通ります。
3043.jpg

3044.jpg
店内は服屋がメインなようで,私はあまり興味はありません・・・せめてスーパーマーケットがあれば良いのですが。
3045.jpg
その横にある一際賑わっている店はフレッシュジュース屋。どうもここがテヘランのジュース屋の発祥のようです。
3046.jpg
私もバナナジュースを一度買いました。30000リアル=約100円。
4223.jpg
バスはシャリアティ通りを南下していきます。ここからいきなり一通逆走区間。対向車とぶつからないよう,慎重に進んでいきます。
モタハリ通りを西へ曲がり,ソフレバルディ通りの交差点を通ります。
3047.jpg

3048.jpg
ここから徒歩約5分のところにあるのがバーンカフェです。ここはテヘランにある数少ないカフェのうち,もっとも良い雰囲気の店だと思います。
4224.jpg
ちなみに,もちろんモタハリ通りも一通逆走区間です。
4225.jpg
シラズィ通りを少し北上します。
4226.jpg

映画館のあるべへシティ通りとの交差点を西へ曲がります。私は未だペルシャ語オンリーの映画館に行く勇気はありません・・・ 
4227.jpg
バリアスル通りにぶつかります。brt 7番は乗り換えです。
ここを少し北へ行ったところにあるのが,モジュガンカフェです。
4229.jpg
4228.jpg
またカフェ?という方にはすみませんが,ここもなかなか良いです。というのも,ここはなかなか食べ物のメニューが充実していて,珍しいもの(チキンシュニッツェルetc)も多いのです。メニューの半数以上が売り切れだったことも事実です<笑>
ちなみに,"モジュガン”というのは,オーナーさんの名前だそうです。
42210.jpg
バスはモタハリ通りに入ります。ここは,バスターミナルとまでもいかないのですが路上に多くのバスが停車しており,各地へむけて出発します。3~4路線の起終点となっているようです。
この422番も,正式にはここが起終点になっているのですが,実際は続けて乗ることが可能です。
4225.jpg
復路に入ったバスは,またもやシラズィ通りを通り,今度はべへシティ通り経由でセドカンダンに戻ります。
42211.jpg
もちろんべへシティ通りも一通逆走区間です。

しかしながら,一通逆走区間が多いので,少し心臓に悪い路線かもしれませんね<笑>
最後にモタハリ付近の経路がややこしいので,詳細地図をのせておきます。
モタハリ周辺


   他の路線案内はこちら

テヘラン バス基礎知識① バスの種類

いやはやいよいよ8月になって,暑さもどんどん増しているような気がします。今日は乗り合いタクシーでひどい目に遭いました。セドカンダンからバナックに向かう乗り合いに乗ったのですが,まず車がprideという軽自動車なみのサイズでした。さらに後部座席の真ん中に座らされ,左にはいかついおばちゃんが,右にはガタイの良いおっちゃん。もうちょっとで押しつぶされてしまうところでした。おまけに道は渋滞,もちろん冷房なんてあるわけもなく・・・もう地獄状態でした。
それはさておき,今まで当ブログではテヘランのバスの路線ばかり載せていましたが,やはりまずは基礎が大事かと思い直し,これからテヘランバス基礎知識を2~3回に分けてご紹介しようと思います。
その第1回目はバスの種類です。
テヘランには無数ものバスがうようよ走っていますが,それらは大きく分けて3種類に分けられます。

①BRT

brt2.jpg
テヘランのバスの顔とも言える存在のBRT。実はただのバスではなくちょっと特殊なバスなのです。何が特別なのかと申し上げますと,実はBRTとは専用レーンを走るバスのことなのです。そのため他の車と混じることがほとんどなく,バスと路面電車の中間のような存在です。日本では最近新潟にできたという話を聞きましたが,あまり有名ではありませんね。それでも渋滞王国のテヘランにはぴったりの交通機関です。

brt1.jpg
現在テヘランには10路線あり徐々に路線を増やしていっているそうです。
車両はほぼ2車両がつながった比較的新しい連接車が使われ,ラッシュ時にその力を発揮しています。(例外もあります)
もちろん冷房も完備です。(一部除く)
女性は前方に男性は後方に分かれて乗らなければなりません。たとえ家族でも・・・です。
運行時間帯はなんと24時間です。(夜間は運賃が2倍弱高くなり本数はぐっと減る)治安上夜の利用はあまりお勧めしませんけども・・・
ちなみに当ブログではまだあまり登場していません。

②普通のバス

バス1
特に特別な名前はないのですが,まあ一般的なバスのことです。テヘランに200路線以上あり,乗り継げば本当にどこでも行けます。ただし路線図が入手できないので,乗りこなすのは至難の技です。私も以前はさっぱりわかりませんでした。
基本専用レーンは走らない為,時間帯を間違うと,大渋滞に巻き込まれることしばしばです。
バス2
車両は見てお分かりいただける通り,ボロボロズタズタなことが多いです。
8割の車両には冷房がついていません。あっても使っていないことがほとんどです。
本来ならば,女性は後方,男性は前方に乗らなければいけないのですが,最近は女性が男性スペースに来ることはごく普通になってきているようです・・・
運行時間帯は路線にもよりますが,始発駅出発時刻が6時〜20時くらいです。夜はほぼ走っていません。

③ミニバス

ミニバス
ミニバスは本来,町と町を結ぶ中距離の乗り物です。
しかしテヘラン市内にもどうやら10路線ほど走っているようです。どれもマイナーな地域ばかり走っているのでなかなか乗る機会が少ないのですが,唯一利用価値が高いのが,タジリッシュ〜ダラケ路線です。途中に高級ショッピングモール,パラディウムを通るのでテヘラン在住の日本人の方もちょくちょく利用していらっしゃいます。近々沿線案内のほうでご紹介する予定です。
ミニバスの大きな特徴は,客がいっぱいになるまで出発しないこと・・・です。
ちなみに,もちろん冷房なんてものは一切付いていません<笑>

さて,いかがでしょう?それぞれに色々な特徴があるのがお分かりいただけるでしょうか。しかし,この3種類+できれば乗り合いタクシー,地下鉄が使えれば,もう高額なアジャンスにのる必要はありません!テヘランは交通機関が未発達という噂をよく耳にしますが実はそんなことは全然ないのです。
みなさんも是非是非バスをはじめとした公共交通にチャレンジしてみては??



お知らせ

お久しぶりです。khobin?
さて,この度は毎度拙ブログをご観覧くださり,誠にありがとうございます。ブログを開設してから4ヶ月間ずっと不定期で書き続けてきましたが,間隔が短い時や長い時,いろいろありました。そのため今後"バス沿線案内”は毎週金曜日に更新することにしようと思います。(時差の都合上,日本では土曜の朝になってしまうかもしれませんが・・・)
それから・・・その他の話題も不定期でちょくちょく書かせていただこうと思っております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お知らせ

タイ,バンコクのバス事情

つい先日,用事があり4日間タイの首都である,バンコクに行ってきました。もともとはワットプラケオなど有名な寺や観光名所をまわろうと考えていたのですが,結局"和食をひたすら食べ尽くす旅”になってしまいました。
おすし
バンコクは和食店で溢れかえっており,なんと4日間とも一食は和食店に行ってしまったのです。そんなに毎日美味い料理ばかり食べてバチが当たるかとも思ったのですが,普段テヘランにいては到底ありつけない料理ばかりなのでたまの贅沢ということにしておきましょう<笑>
そんなバンコクでも勿論バスにたくさん乗ってまいりました。おそらく20回近く乗ったのではないでしょうか。そこで今日はバンコクのバスについて少し書かせてください。もっともブログの題名に反しているのはわかっております・・・
バンコクのバスに乗ってまずはじめに感じたことは何せ種類が多いことです。どうやらバンコクでは路線ではなく車両によって運賃が変わるしくみのようです。車両を紹介させていただきます。
赤
赤バス・・・エアコンなしのボロボロバス。運賃の安さが魅力。一人6.5バーツ
ピンク
ピンクバス・・・エアコンなしで赤バス程度のボロさだが,運賃は強気の9バーツ。民間バスらしい。
白
白バス・・・ピンクバスと同じ
ミニバス
ミニバス・・・こちらもエアコンなし。運賃は9バーツ。車両が小振り。
青
青バス・・・エアコン付き。運賃は10バーツからで距離によって変わる。
オレンジ
オレンジバス・・・エアコン付き運賃は青バスより高め。距離によって変わる
黄色
黄色バス・・・エアコン付きの新型車両。運賃はもっとも高い。距離によって変わる。

私の勝手な感想では,一番使い勝手が良いのは赤バスです。暑ささえ我慢できれば安い運賃で市内どこでも移動できるという便利さは他には負けないでしょう。さらに無料バスもあります。それはタイの方々の税金によって運行されているらしく,乗ったら少し申し訳なくなります。
車内はまるで,古き良き昭和のバスという感じです。(私は平成生まれですが・・・)床は木張りで天井にも窓がある。黒煙を撒き散らしながら走る姿は趣があります。ちなみにバンコクでは日本ではもう廃止された(テヘランでも)車掌さんが未だ現役です。乗ったらジャラジャラと金属の運賃筒を持って集めに来ます。
車掌

一番苦手なのはなんといってもミニバスです。暑い上に車両が小さいためいつも混雑していて値段も安くない,なんという不条理!!という感じです。
バンコクのバスはまだまだ奥が深く,4日間滞在しただけの私にはまだまだ使いこなせませんでした・・・タクシーにもたくさんお世話になりました。
また数ヶ月以内に行く機会があると思いますので,その時にはもっと使いこなしたいと思っています。
プロフィール

2374arashiyama

Author:2374arashiyama
サラーム
arashiyama2374と申します。
テヘラン在住の日本人です。現在駐在員をしています,という訳ではなく,その息子です。現在テヘラン市内の高校に通っていますが,暇があればバスに乗って街歩きしてます。
趣味は,路線バスや徒歩で街を散策することです。イラン料理が大好物。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -